基本事項

※2021/4/30 自腹で購入したRedmi Note 10 Pro日本版実機にて検証し、当Wikiの内容を最新情報に更新しました!少しでもご参考になりましたら幸いです!
※オススメコンテンツ: ■★非常に多い質問★【常駐設定】【必読】アプリの通知が来ない!プッシュ通知が来ない!LINEの通知が届かない!IP電話がプッシュ着信しない!Gmailが届くのが遅い!Gmailがプッシュ受信できない!  ■どこよりも詳しいRedmi Note 10 Proの詳細スペックまとめ  ■Redmi Note 10 Proの充電仕様まとめ  ■ZenFone6、Reno A、Redmi Note 9Sとのカメラ比較(実写比較)




公式サイト

Redmi Note 10 Pro
https://www.mi.com/jp/product/redmi-note-10-pro/overview
Redmi Note 10S
https://www.mi.com/jp/product/redmi-note-10S/overview


基本事項

概要紹介ビデオ

どこよりも詳しい、詳細スペック

商品名 Redmi Note 10 Pro Redmi Note 10S Mi 11 Lite 5G
メーカー型番 M2101K6R M2101K7BR M2101K9R
愛称、略称 RN10P RN10S
公式スペック表 https://www.mi.com/jp/product/redmi-note-10-pro/specs https://www.mi.com/jp/product/mi-11-lite-5g/overview
参考:https://www.gsmarena.com/xiaomi_redmi_note_10s-10769.php
発表日 2021年3月 2021年3月
発売日 2021年3月 2021年4月
海外での定価
ebayでの相場 Xiaomi Redmi Note 10 Pro eBay Xiaomi Redmi Note 10S eBay Xiaomi Mi 11 Lite 5G eBay
日本での相場 amazonでの実売価格、■楽天での実売価格、■Yahoo!ショッピングでの実売価格、■ヤフオクでの相場 amazonでの実売価格、■楽天での実売価格、■Yahoo!ショッピングでの実売価格、■ヤフオクでの相場 amazonでの実売価格、■楽天での実売価格、■Yahoo!ショッピングでの実売価格、■ヤフオクでの相場
日本版の発表日 2021/3/31 ? 2021年6月24日
日本版の発売日 2021/4/16 ? 2021年7月2日
日本での定価 3万4800円(税込) ? 4万3800円(税込)
日本版の値引きキャンペーン等 楽天モバイル、■goo SimSeller(goo SimSeller本家 OCNモバイルONEgoo SimSeller Amazon支店goo SimSeller楽天支店goo SimSeller Yahoo!ショッピング支店)、■ NifMo、■IIJmio、■BIGLOBE SIM 、■DMMモバイル 楽天モバイル、■goo SimSeller(goo SimSeller本家 OCNモバイルONEgoo SimSeller Amazon支店goo SimSeller楽天支店goo SimSeller Yahoo!ショッピング支店)、■ NifMo、■IIJmio、■BIGLOBE SIM 、■DMMモバイル 楽天モバイル、■goo SimSeller(goo SimSeller本家 OCNモバイルONEgoo SimSeller Amazon支店goo SimSeller楽天支店goo SimSeller Yahoo!ショッピング支店)、■ NifMo、■IIJmio、■BIGLOBE SIM 、■DMMモバイル
OS MIUI 12 based on Android 11 ※GMS(Google Mobile Services)対応 MIUI 12 based on Android 11 ※GMS(Google Mobile Services)対応 MIUI 12(Android 11 準拠)
SoC Qualcomm Snapdragon 732G(Samsung 8nm)(詳細、wikipedia Mediatek Helio G95 (12 nm) (詳細、wikipedia Qualcomm Snapdragon 780G(5 nm 5LPE、Samsung)(詳細、wikipedia
Antutuベンチ9.x
RAM 6GB / 8GB ※LPDDR4X ※日本版は6GB 6GB / 8GB 6GB ※LPDDR4X
内蔵メモリ 64GB / 128GB ※UFS 2.2 ※日本版は128GB 64GB / 128GB ※UFS 2.2 128GB ※UFS 2.2
ストレージの読み書き速度実測
外部メモリ microSD ○対応。※実機にて、独立したmicroSDカードスロットがあることを確認(3スロット) microSDXC (dedicated slot) ※独立スロット microSD ○対応。 ※MicroSDカードは独立スロットではなくSIM2と排他
SDを内部ストレージとして利用する機能 ADB接続でコマンドを打てば可能 ADB接続でコマンドを打てば可能
サイズ 164 x 76.5 x 8.1 mm 160.5 x 74.5 x 8.3 mm 160.53 x 75.73 x 6.81 mm
重量 193g 178.8 g 159 g
通信対応バンド ※以下は日本版の対応バンド ※以下は日本版の対応バンド
2G GSM 850 900 1800 1900 MHz 2G GSM:2/3/5/8
3G WCDMA:B1/2/4/5/6/8/19 ※FOMAプラスエリア対応○ 3G WCDMA:1/2/4/5/6/8/19
4G (LTE) FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66 LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/66
TDD-LTE B38/40/41(2545-2650MHz) LTE TDD:38/40/41
ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、楽天で使用可能な通信バンドまとめ ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、楽天で使用可能な通信バンドまとめ ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、楽天で使用可能な通信バンドまとめ
5G × 残念ながら5Gは非対応 × 残念ながら5Gは非対応 ○ 5G NR:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n66
ドコモ系SIMの通信・通話対応
ドコモVoLTE対応
au系SIMの通信・通話対応
au VoLTE対応
ソフトバンク系SIM、Y!mobile SIMの通信・通話対応
ソフトバンク/Y!mobile VoLTE対応
楽天モバイル キャリア回線での通信・通話、VoLTE対応
日本の全キャリアのVoLTEに対応○
技適通過 ○通過済み(ソース ○通過済み(ソース
SIM Dual SIM card nano + nano Dual SIM (Nano-SIM dual stand-by) Dual SIM card nano + nano ※MicroSDカードは独立スロットではなく排他
DSDS
DSDV
DSDSでFOMA SIMの利用 真偽は不明だが、FOMA SIMの利用が可能○との報告多数あり。⇒(ソース
Triple Slots(SIMスロットとSDカードスロットが独立) ○ ※実機にて、独立したmicroSDカードスロットがあることを確認(3スロット) × MicroSDカードは独立スロットではなく排他
通信速度 詳細は不明 詳細は不明
キャリアアグリゲーション(CA) ○ 詳細は不明 ○ 詳細は不明
GPS GPS: L1 、Galileo E1 、Glonass L1 、Beidou B1 A-GPS、GLONASS、GALILEO、BDS Beidou: B1I + B1C+ B2a | GPS:L1 + L5 | Galileo:E1 + E5a、Glonass:G1 | QZSS:L1 + L5 | NavIC: L5
みちびき対応 △ ※アプリで確認すると、みちびきの電波を受信はするのだが、Xiaomi端末はみちびきの電波を使用しないという説がある。(詳細説明)(真偽不明)
無線LAN Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 2.4GHz/5GHz Wi-Fi Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac、dual-band、Wi-Fi Direct、hotspot Wi-Fi 4、Wi-Fi 5、Wi-Fi 6、802.11a/b/g/n/ac/ax
無線LAN 5GHz対応
無線LANルーター(テザリング)機能
Bluetooth Bluetooth 5.1 ※LDACにも対応しているとの報告あり(ソース 5.1、A2DP、LE Bluetooth 5.2
aptX対応 ○ 管理人が実機で検証したところ、aptX、aptX HDに対応しています!さらにAACにも対応! ※管理人が検証したデバイスは、SoundPEATS FORCE HD(aptX HDでの接続に成功、めっちゃ音いいです)とHUAWEI Bluetoothイヤホン FreeLace(AACでの接続に成功)。※自動でAAC接続されない場合はこちら参照 ※LDACにも対応しているとの報告あり(ソース
TWS Plus(TrueWireless Stereo Plus)対応
Bluetoothテザリング
ディスプレイ 6.67インチ AMOLED DotDisplay、有機EL、2400 x 1080 FHD+、DCI-P3 color gamut、HDR 10、Refresh rate: 120HzTouch sampling rate: 240Hz。画面側、背面側、ともにCorning Gorilla Glass 5(ソース 6.43 inches AMOLED 有機EL、450 nits (typ) 1100 nits (peak) 1080 x 2400 pixels Corning Gorilla Glass 3 6.55 インチ FHD+、AMOLED 有機EL、リフレッシュレート:60/90 Hz、タッチのサンプリングレート:240 Hz、Corning Gorilla Glass 6、DCI-P3や10bitカラー、HDR10+に対応
ナックルジェスチャー × ×
マルチタッチ 10 ※管理人が実機にて検証済み
オンスクリーンキーかどうか オンスクリーンキー オンスクリーンキー
ナビゲーションキーの点灯 なし なし
飛散防止フィルム なし なし
背面カメラ(撮像素子) AI 4眼カメラ ■108 MP(サムスンISOCELL HM2、詳細)、f/1.9、26mm (wide 広角)、1/1.52インチセンサー(大型センサー)、0.7μm、dual pixel PDAF ■8 MP、f/2.2 (ultrawide 超広角)、1/4.0インチセンサー ■5 MP、f/2.4、(macro マクロ)、AF ■2 MP、f/2.4、(depth 深度センサー) 4眼カメラ ■64 MP、f/1.8、26mm (wide)、1/1.97"、0.7µm、PDAF ■8 MP、f/2.2、118˚ (ultrawide)、1/4.0"、1.12µm ■2 MP、f/2.4、(macro) ■2 MP、f/2.4、(depth) ■LED flashあり 3眼カメラ。■6400万画素、f/1.79 ■800万画素 超広角カメラ(ソニーセンサー)、f/2.2 ■500万画素 テレマクロカメラ、f/2.4、コントラスト AF(3cm〜7cm)
管理人が撮影してきた写真
背面カメラ(AF、補助センサー) ※上記 ※上記 ※上記
背面カメラ(レンズ) ※上記 ※上記 ※上記
前面インカメラ 16 MP、f/2.5、(wide)、1/3.06インチセンサー、1.0μm、動画は1080p@30fps、720p@120fps 13 MP、f/2.5、(wide)、1/3.06"、1.12µm、動画1080p@30fps 20MP フロントカメラ、f/2.24
顔認証ロック解除機能 ○ AIフェイスアンロック ○ AIフェイスアンロック
動画撮影 4K@30fps、1080p@30/60fps、電子式手ぶれ補正対応 ※1080P/30FPSのみ、手ブレ補正とスーパー手ブレ補正を使うことが出来るとの報告あり。(ソース 4K@30fps、1080p@30/60/120fps、720p@960fps 4K@30fps、1080p@30/60/120fps、720P@30/120fps
手ぶれ補正(リアカメラ) 電子式手ぶれ補正。※光学手ブレ補正は無し
カメラのシャッター音を消す方法Gcamを入れる方法
USB USB Type-C 2.0 USB Type-C 2.0 USB Type-C
USBホスト (管理人が実機で検証・確認。USBマウス、キーボード、USBフラッシュメモリ、SDカードリーダー)※USB type-C ホストケーブルが必要。
USB DAC (管理人が実機で検証・確認。管理人が動作確認したのは、UGREEN USB オーディオ 変換アダプタ 外付け サウンドカード USB。PowerampでのMP3再生、Youtube公式アプリでの動画再生・音声出力、全て問題なし)※USB type-C ホストケーブルが必要。
映像出力 MHLは×非対応、USB Type-C DisplayPort出力は×非対応(管理人が実機で検証・確認済み) 有線での映像出力は非対応であることを実機で確認しました。miracastを利用して無線での映像出力のみ可能。
Miracast
PCモード機能(外部ディスプレイに接続してPCのように使う) ×
ヘッドホンジャック ○ 3.5mm ○ 3.5mm
サラウンド Hi-Fiオーディオ、イコライザー機能あり。
デジタルノイズキャンセリング機能 ×
スピーカー stereo speakers、なんとステレオスピーカー! stereo speakers デュアルスピーカー(ステレオ)
FMラジオ △ ※87MHz未満が受信できない。
widevine
バッテリー容量 5020 mAh Li-Po 5000 mAh、non-removable 4250 mAh
ユーザーが自分で電池交換 × ×
クレードル(卓上ホルダ) × ×
置くだけ充電(ワイヤレス充電、qi) × ×
急速充電(5V 2A)
急速充電2(QuickCharge 2.0、9V-12V高電圧急速充電) ×なので注意 ※Redmi Note 10 Pro の詳しい充電仕様まとめはこちら
急速充電3(QuickCharge 3.0、3.6V-20V高電圧急速充電) ×なので注意 ※Redmi Note 10 Pro の詳しい充電仕様まとめはこちら
急速充電(ファーウェイ独自方式の9V/2A高電圧急速充電、Huawei FCP ×
急速充電(ファーウェイ独自方式の超急速充電HUAWEI SuperCharge、5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A) ×
USB PD(9V2A、C to Cのケーブルが必要) 管理人が実機にて対応を確認済み。※Redmi Note 10 Pro の詳しい充電仕様まとめはこちら
※シャオミ独自の急速充電規格「Fast charging 33W」に公式対応。 ※Redmi Note 10 Pro の詳しい充電仕様まとめはこちら ※シャオミ独自の急速充電規格「Fast charging 33W」に公式対応。 ※シャオミ独自の急速充電規格「Fast charging 33W」に公式対応。
NFC
Felica(おサイフケータイ) × × ○ FeliCa / おサイフケータイ 対応、Google Pay対応
赤外線 なんと○ 家電リモコン用の赤外線対応 なんと○ 家電リモコン用の赤外線対応
防水 ○ IP53 ※IPX3は、「垂直より左右60度以内からの降雨によって有害な影響を受けない」(詳細 ○ IP53 ※IPX3は、「垂直より左右60度以内からの降雨によって有害な影響を受けない」(詳細
防塵 ○ IP53 ※IP5Xは、「粉塵からの保護」(詳細 ○ IP53 ※IP5Xは、「粉塵からの保護」(詳細
指紋認証センサー ○(側面の電源ボタン表面に指紋認証センサーを実装) ○(側面の電源ボタン表面に指紋認証センサーを実装) ○(側面の電源ボタン表面に指紋認証センサーを実装)
対応センサー Fingerprint (side-mounted)、accelerometer、gyro、proximity、compass Fingerprint (side-mounted)、accelerometer、gyro、proximity、compass 近接センサー | 周囲光センサー | 加速度計 | ジャイロスコープ | 電子コンパス | リニアモーター | IR ブラスタ
ARプラットフォーム「ARCore」対応 × 2021/4/23現在、非対応(ソース
Pokemon GO対応 ○ ※Pokemon GO(ポケモン ゴー)の動作について
日本の緊急地震速報(ETWS)
DLNA
ストラップホール ×
簡易留守録(本体に留守録、伝言メモ) ×
デフォルトの電話アプリに通話録音機能がついているか ○! ※Redmi Note 9Sには通話録音機能は無かった
節電機能
フォント変更機能 ?調査中。
独立したGoogleアシストボタン ×
カラーバリエーション Onyx Gray、Glacier Blue、Gradient Bronze Deep Sea Blue (Ocean Blue)、Shadow Black (Onyx Gray)、(Frost White) Pebble White トリュフブラック、シトラスイエロー、ミントグリーン
同梱品 Redmi Note 10 Pro 本体 / ACアダプタ(シャオミ独自の急速充電規格「Fast charging 33W」に対応) / USB Type-Cケーブル / SIM取り出しツール / ソフトケース / ユーザーガイド / 保証書 / 画面保護シート(貼付済/試供品)※購入時の状態で液晶保護フィルムが貼ってある。 Mi 11 Lite 5G | AC アダプタ(試供品)| USB Type-C ケーブル(試供品)| SIM 取り出しツール(試供品)| Type-C to 3.5 mm イヤホン アダプタ(試供品)| 保護ケース(試供品)| クイックスタートガイド | 保証書
その他注意事項 ※通知LEDは無いので注意。

外観